建築工法・基礎・躯体

pageImageTecheBase

岡村工務店の家づくりは、木造軸組構法を基本としています。「軸組構法」と言われても、どんな造りかイメージするのは難しいと思います。簡単に言えば、これは日本で古くから行われてきた伝統工法を、現代的にアレンジしたものです。このため、別名「在来工法」とも呼ばれています。「日本の家には、長年日本で発達してきた工法を用いるのが一番」という、非常にシンプルな考えに基づいての選択です。

木造軸組構法(在来工法)とよく比較されるのが、木造枠組壁構法。2×4(ツーバイフォー)工法と呼ばれる工法もそのひとつです。在来工法と2×4工法は、家を支える構造が違います。つまり、在来工法が軸や梁などの線材で支えるのに対して、2×4工法は枠組みに打ち付けた壁や床などの面材で支えます。設計的には、在来工法のほうが自由度が高く、増改築も比較的しやすいという特徴があります。

もちろん、在来工法一本槍というわけではありません。鉄筋コンクリート住宅などのご要望にも、しっかりと対応いたします。岡村工務店の社員は、より良い家づくりのため、学ぶことにとても熱心です。さまざまな工法について全社をあげて勉強しています。

純和風の家はもちろん、吹き抜けのある家や、屋根裏部屋のある家、ガレージ住宅など、住まいへのお客さまの夢をそれぞれに最適な工法で実現します。

地震や台風などの災害が起きたとき、家は家族の生命を守るシェルターとして機能しなければなりません。そのためには何よりまず、基礎と骨組みを強固につくり上げなければいけません。基礎と骨組みは安全性に直結するものであり、専門家でなくとも、その重要性はお分かりでしょう。

できてしまえば見えなくなってしまう場所ではありますが、だからこそ、岡村工務店は基礎と骨組みに徹底的にこだわります。さまざまな現場を経験してきた職人たちが、「岡村の強みは基礎と骨組み」と言い切るほどです。このこだわりが、岡村工務店の見えない信頼となっています。

基礎と骨組みには絶対の自信をもつ岡村工務店では、定期的に基礎・骨組み工事の見学会を実施しています。実際に建築中の物件を施主さまの許可を得てお見せする、いわば基礎工事のオープンショールームです。具体的な説明や質疑応答も行いますので、どうぞお気軽にお越しください。

見学会・イベントページへ

鉄筋をダブルで使った頑丈なベタ基礎

家を乗せる基礎は、底板一面に鉄筋コンクリートを流し入れた「ベタ基礎」を採用しています。ベタ基礎は、家の重さを底板全体で支えることから、不同沈下(建物が均一に沈まず傾く地盤沈下)を起こしにくいという特徴があります。

またコンクリートで覆ってしまうので、家と地面が直接接することがなく、湿気やシロアリの侵入も防ぎます。

同業他社の方から、「どうしてここまでやるのですか?」と聞かれるくらい、念には念を入れての頑丈な造りで、地震の強い衝撃もしっかりと受け止めます。

良い素材と職人技によるがっしりとした躯体

家骨組みとは、木造の場合は柱や梁の部分のことを指します。基礎に加えて骨組みが強固でなければ、地震や台風などに強い家はできません。

この観点から、岡村工務店が骨組みの主材には、最も適切な素材をお客さまのプランに合わせて選定させていただき、べテランの職人の確かな腕で、がっちりと強固な骨組みに仕上げます。

岡村工務店の家は、何年経っても安心して住み続けていただける強さが自慢です。