市川の家

床の間もそなえた伝統的な和室をもつ家。このような和室をもつ家は少なくなってきているが、要所要所の収まりの出来は、長年の大工としての経験がものをいうところ。和室以外の部分も、見かけは純和風でないけど和のもつ思想を取り入れて、全体として統一感のある家にしました。障子は雪見障子 天井は格天井・壁は珪藻土になります。2010年竣工現場です。

LDK

柱など構造体以外でも、ここでは床に檜(自然塗料仕上げ)を敷き詰め、壁面には珪藻土を使用。天然素材が与えてくれる香りと肌触りは、住む人の心にそっと働きかけ来ます。照明器具は和紙の器具になります。

玄関ホール

玄関ホールは吹き抜けになっていて、日中は頭上から一筋の光が差し込み、夜は温かみのある照明の柔らかな光が降り注いてくる。時間ごとに異なる演出で家に入る人を迎えてくれます。天井:シナ無垢材 建具:無垢材 階段手すり:無垢材で造作手すりにしました。

外壁

外壁はシンプルなフラット板のサイディングを張りアクセントでベランダは木製シート張りの手すり壁にしました。

エントランス

門扉を開けたら 円弧を描く左官壁にして 下からの照明をあて 左官壁の後ろに シマトネリコ(常緑)の植木を植え 外構を仕上げる事により 家を一層引き立たせます。夜は左官壁に当たる光が温かみがあり、柔らかい光がきれいに映ります。

所在地 千葉県市川市
敷地面積 271.05㎡(81.99坪)
延床面積 126.07㎡(38.13坪)
家族構成 3人

photo:佐々木 晋