ウォールナットの家

ウォールナットの家は2世帯住宅の家になります。お施主様の要望は、こってりではない、アジアンが好き。家具もアジアンが良いから始まりました。間取りに関しては、 お施主様が熱心に勉強し、図面は30回以上の訂正を繰り返し、出来上がった間取りです。家具に関しても お施主様と念入りに打合せをして テーブルは材木市場で 選定した オリジナル製作品のモンキーポットのテーブルです。自分の目で見て決めたテーブル板は、愛着が出て大事に扱って頂いています。 意匠打ち合わせ時から 購入する家具も同時に打ち合わせをして お施主様にとって自慢の満足のいく 家になりました。

LDK

LDKは27.5帖の大きなリビングになります。 床にはウォールナット自然塗料(オスモ)仕上げの床材。自然塗料の床材は素足で歩いた時には、何とも言えない 肌触りはお施主様には、毎回満足頂いている床材です。天井梁にはウォールナットの突板を張り 梁のバランスは内観パースにて、数パターンで検証して、本数を決めました。梁の本数も 多くも少なくもなく 良い感じに仕上がりました。TVの横にあるルーバーは、ポイント的に取り入れました。TV台はウォールナットで作った製作家具です。

キッチン

キッチンはアイランド Ⅱ型 シンク2つの 製作オリジナルになります。対面部分のシンクはユーティリティシンクにして食洗機はMiele(ミーレ)・天板はアイカのフィオレストーン(天然水晶を主成分にした大理石)・水栓はLIXILのタッチレス水栓を採用しました。背面ガスコンロ側のキッチンは小さなシンク ガス台、家電収納を組み込みました。キッチンの床材は石を張りました。 弊社では、オリジナルキッチンは数多く出しています。お施主様にとって、世界で一つの満足のいくシステムキッチンを多く提案しています。

パントリー・家事室

パントリー・家事室は キッチンとつながり洗面所まで廻れる動線の間取りになっています。家事動線に関して、強いこだわりを持ち 棚の製作・家事テーブルなど、多くの造作をしました。家事動線、使い勝手・家事【すごく良い】と言って頂いています。           岡村工務店の強み 家具製作 造作工事は、色々 作って 楽しみながら 物件を作っています。

洗面所

洗面化粧台は 製作した洗面化粧台です。天板はウォールナットを使っています。天板を木製で作る洗面化粧台は弊社では良く作りますが、ウォールナットを好むお施主様は、多いです。今回は鏡もオリジナルで 縁をウォールナットの色のシートを巻いて作りました。鏡の背面にはタイルを張り上下に間接照明を付けました。2ボウルのシンクは家族が多い家には好まれる洗面です。床には石 天井には 麻材を 張りました。

所在地 東京都 江戸川区 西瑞江
敷地面積 156.52㎡(47.34坪)
延床面積 252.08㎡(76.25坪)
家族構成 6人

photo:佐々木 晋