旗竿地の家

「東京で家を建てる」から始まった家つくり計画。 土地は探しても探しても気に入る 土地がない・・・・熱心な奥様は 探しに探した 土地が見つかりました。しかし土地は旗竿地で 周りには3階建てに囲まれた土地 良い家は 建てれるのか?光・風は入るのか? 不安があった土地でしたが、この場所の土地が欲しい・・・。購入前に現地も確認させていただきこの土地に間取りを書きました。この土地を拝見させていただき 間取りにより 風・光の問題は、無いと お話しさせていただき、予算計画も立て 購入が決まり家つくりが始まりました。                  (2017年竣工現場になります。)

LDK

玄関の隣には 土間のシューズクロークがあります。玄関入るとLDKがあり吹き抜けの空間を作り光を落しています。階段は 鉄骨で作った製作品です。壁についている吊り戸みたいなのは、エアコンBOXです。テレビ台は板のみのシンプルな感じが「かっこよく」仕上がりました。床材はナラ材の無垢 ブラッシング加工 オイル仕上げ 歩いた時に 足触りが良く 無垢の良さを最大限出した、床材です。 椅子は製作品の椅子です。

キッチン

システムキッチンは製作品です。天板はステンレスのバイブレーション仕上げ、リビングから見える板材は【タガヤサン】という木を使いました。何か面白い木がないか?から始まり最終選定は【タガヤサン】になりました。背面収納の壁にはタイル仕上げにして磁器質タイルの感じがいい感じです。ポイントで小さい吊り戸棚はお施主様がネットから探してきた吊り戸です。キッチンの床材にはタイルを使いました。リビングキッチンは床暖房を入れています。

2階廊下

2階の廊下の吹き抜け部は、この土地に建てるのにはこの吹き抜け部が風・光を取るのには、重要な場所になります。廊下の床は、ルーバー調に木を並べて光を落します。ルーバーに使っている木は【ラワン材】です。【ラワン材】の色合いが綺麗に仕上りました。天井は勾配天井にしてトップライト(天窓)を付けています。トップライトは電動で開閉ができます。 天井に付けたファンは熱こもりを防ぎます。左に見える緑の扉は子供部屋の入口です。右に見える窓はFIX窓です。西日対策・近隣の目隠しも兼ねて 外付けブラインドを付けています。大きい窓には全て外付けブラインドを付けました。最近よく聞く【パッシブデザイン】ですね。

子供部屋

子供部屋は将来、間仕切るように、扉を2つ付けています。扉の隣に付けた小窓はチェッカーガラスをはめ込んで アクセント的に付けました。床材はナラ無垢材、天井は唐松の無垢材になります。建具はパイン材になります。木は樹種を変えても、使い方をうまく選定すると 全てがバランスが取れて 素敵な家になります。【家つくりは楽しいです】

所在地 東京都江戸川区中央
敷地面積 94.83㎡(28.68坪)
延床面積 102.90㎡(31.12坪)小屋裏14.16㎡
家族構成 4人

photo:佐々木 晋