「 一之江の家 」

四方が隣地に囲まれた旗竿状の敷地に建つ「 一之江の家 」。旗竿の土地では、隣地に囲まれることで、奥まった安心感とプライバシーが得られる一方で、どのように自然光や風を取り入れるかが課題になります。 「 一之江の家 」 では、外壁のベース色は黒ですが、白い壁の中庭を設けて、リビングからも、北側の浴室・寝室からも、白い壁を伝って入ってくる自然光を浴びながら、のびのびと生活出来るようにしました。 室内の壁や天井も、光が拡がるように城を基調にし、階段や家具、手すり、窓などは黒、テーブルや棚板は木目を生かした色合いに、まとめています。素材と色合い、自然光が重なることで、シンプルでありながら、 生活のどこかに豊かな変化を楽しむことが出来る空間となっています。

中庭・LDK

中庭からリビングを覗き込んだ夕景です。   「 一之江の家 」の間取りはコノ字になっています。中庭が光庭になっていて。設計上  1番暗くなる玄関に中庭(光庭)を通して光を取り込みました。中庭の壁はとれる範囲で大きい窓を設ける事で十分な採光を取り入れました。左に見えるルーバーは可動式になっていて、プライバシーを確保して風を通せるようになっています。中庭(光庭)の床は ジャラ(南米材)を使い、リビングと中庭のサッシは折れ戸にして窓を全て開けると、より一層開放的な空間になりました。

玄関・中庭

玄関に入ると中庭が見えます。お施主様が引き渡しの時には、玄関に入って中庭が見えて、デッキの床からの照明の光がアルミのルーバーを照らして、鉄骨階段・段板に使ったモアビの木の色が、バランスが「すごくきれい・かっこいい」と言って頂いたのが 印象的な玄関です。階段の段板の予定は予算の関係で集成材の板で予定されていましたが、どうしても、色を付けた赤の色ではなく、素地色(着色なしで赤の色)で使いたくて 木材市場に相談して探したのを思い出します。ホールの床はナラ系のホワイト仕上げになります。(グレー色に見えます。)

リビング

リビングの大きさは15.5帖あります。    手前に見える赤いテーブルは製作して作った「ブビンガ」の木です。和室の床柱などにも使われる樹木です。一生モノの無垢のテーブルは経年劣化の風合いも楽しめてすごくお客様に喜ばれる、岡村の強みの1つです。壁に張った石は廃材の石を組み合わせてタイル調にして商材になっているエコな安価な(石の割に・・)商材です。この商材はお客様に気に入って頂くのが多く、何件も張っています。夜もダウンライトで照らされて、いい感じの光の陰影が出ます。シャンデリアの照明はお施主様セレクトで2灯並べて使いました。仕上がりはシャンデリアがポイントになり「 一之江の家 」にマッチしたいい感じの家になっています。

趣味部屋・書斎

趣味部屋・書斎 お施主様の趣味 スニーカー集め・本などなど・・・ 造作棚欲しい  「 かっこいいのが良いな~」から始まり。内観パースで何度も打合せさせていただいた、たくさんのこだわりの内の一つが本棚・PCデスク・スニーカー飾れるなどなど・・・の製作棚です。お施主様の思いが詰まった造作棚になりました。                 床材はシカモアの無垢材です。

所在地 東京都 江戸川区 一之江
敷地面積 132.06㎡(39.94坪)
延床面積 108.89㎡(32.93坪)
家族構成 2人

photo:佐々木 晋