家づくりの流れ

pageImageConceptflowchart

実際に注文住宅での家づくりはどのように進行していくのでしょうか?
はじめてのことで疑問や不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。
ここでは、岡村工務店での家づくりの流れをご紹介します。

家づくりのはじまり

ご紹介や年10回以上行っている現場見学会、広告・チラシ、あるいはこのサイトで、お客さまと私たちの最初の接点が生まれます。

岡村工務店ではお客さまのことをよく知り、信頼関係を築くことが最も重要だと考えていますので、家づくりに関わる些細なご質問やご要望、ご相談も喜んで出来る限りの対応をさせていただきます。

家づくりのイメージを高める

実際に私たちの施工した住宅や現在進行中の建築現場、見学会イベントなどに参加して頂いたりして、私たちの家づくりをより深く知っていただきます。

注文住宅づくりの具体的なイメージをつかんでいただくために、また岡村の家づくりに対する理解を深めていただくために、とても重要な時間と考えています。

現場調査

実際に家を建てる建築予定地にうかがって調査します。

景観、水道、ガス、電気、隣家の窓の配置などを調べ、豊かな光と風通しの良い、温かい住まいになるようにプランニングに活かします。

お打ち合わせ

お客さまの家づくりのご要望を具現化するために、新しい住まいへの想いをじっくり時間をかけてヒアリングしていきます。ヒアリングを行うことで、お客さま自身も気づいていなかったご要望が出てくることも多いので、お打合せは複数回行います。

ご要望を十分理解したうえで、ご予算の範囲でどんな家がお客さまにとって最も良いのかを一緒に考えます。

プランニング

プランを図面やパースにして実際に見ていただきます。プランを形にすることで、よりお客さまの家づくりが具体化されるので、ご納得頂けるプランになるまでご提示していきます。

また建築費用とその他費用なども合わせてご提示し、住宅ローンの相談もさせて頂きます。

お見積もり

ご納得頂けるプランが決まれば、建築にかかる予算もはっきりします。

どこにどれだけの費用がかかっているのかなど、細かいところまでのお見積もりを提示いたします。

ご契約

お見積り金額、設計図をお客さまにご確認、ご了承いただき、建築請負契約を締結させて頂きます。

工事代金の支払計画などは資金計画に合わせて調整いたします。

契約金

詳細仕様お打ち合わせ

サンプルをご覧いただきながら、内装・外装の仕様とカラーや設備の詳細について打ち合わせをし、アドバイスさせていただきながら決定していきます。

着工(基礎工事)

工事中は騒音や工事車両の出入りなどで、やむをえず近隣にご迷惑をかけることがありますので、事前の挨拶廻りを行います。

地鎮祭と地縄張りを行います。

敷地の境界、建物の配置を現場で確認させて頂きます。地盤調査、地盤改良、基礎工事を行います。

着工金

上棟

躯体が組まれ、いよいよ住まいの全体像が見えて参ります。上棟時にお客さまと現場にて確認打ち合わせを行います。

また上棟検査や構造部材の確認、開口部確認などの各種確認業務、第三者建築士による構造検査、外装下地検査も行います。

上棟式をやられる方はお申し出ください。

中間金

竣工

建物が完成したら、弊社スタッフによる竣工検査を行います。細部に渡るまで厳しいプロの目で調べ、工程ごとにチェックをしていきます。

社内チェックの後にお施主さまにチェックしていただき、役所検査を受けます。

お引渡し

設備機器の取り扱い説明やメンテナンス方法をご説明したあと、最終金を受領し、《引渡し証》《保証書》と一緒に鍵をお渡しします。

残金

アフターサービス

お引渡し後、建物に不具合がないか、住まいに関して困りごとがないかお聞きするために直接お伺いし、無料点検を行います。

また点検時以外でも、ちょっとした不具合等が発生することもあるでしょう。ご連絡を頂ければすぐに対処するよう心がけております。